中古車って値引き出来るの?交渉のコツは?

中古車って値引き出来るの?交渉のコツは?

中古車値引き商談

 

車の購入は総額で結構高額な買い物になるため、値引きの金額って気になりるところです。
新車の場合の値引き交渉は広く知られていますが、中古車の場合は引き合いに出す同一の車がないため、少し違ったコツが必要になります。

 

下取り車がある場合は、購入金額の交渉の前にやるべきことがあります。下取りにそのまま出してしまうと平均で17万円も損をしてしまうというデータがあります。
愛車の「査定相場と最高査定額を知る」ことが大切です。こちらで簡単にわかります。⇒かんたん車査定ガイド

 

中古車って、どれくらい値引きしてくれるの?

 

結論から言いますと、多くて5万円位までではないでしょうか。(当然車両本体の価格帯によります。200万円の中古車だと10万円位もありえます)

 

新車の場合は標準価格があり値引きを前提としているので、始めていったディーラーから見積もりを取っても。最初からある程度の値引き額が提示されます。

 

中古車の場合は、1台1台走行距離を含めコンディションが異なりますので、他と比べての相見積りでの交渉は難しいですね。

 

最初からついている値札の価格にも販売店の思惑が当然あります。お客さんを集めるために「目玉商品」的に思い切って値段を下げている車の場合は、値引きはほとんど出ない事もあります。

 

逆に高めにつけておいて、見積もり時に値引きを大きくして値引きをおおきむ見せる販売店もあります。※個人的には「中古車で大幅な値引きをしてくる販売店は、あまり信用できない」と思っています。

 

値引き以外に交渉するポイントやコツはあるの?

 

値引きはどんなに頑張っても限界がありますし、あまり強くやりすぎると「他で買って下さい。さようなら」となる事もあります。販売店の営業マンも人間ですから。

 

1.代行費用の中で自分でできるものをカットしてもらう。

 

中古車の購入総額は、車両価格以外に法定費用と販売店への手数料が含まれます。法定費用はどうにもできませんが、その手数料の中の「代行費用」の中で自分でできるものをカットしてもらえるか、交渉しましょう。

 

中でも「車庫証明」取得にかかる代行費用は2万円位が相場です。これを自分でやれば、印紙代だけで済みます。

 

2.下取費用
車を下取に出して、名義変更等にかかる費用です。1万円前後かかります。
下取の車に査定金額がついた場合は、相殺されるケースが多いです。

 

車は下取より、買取の方が絶対お得です。販売店は自社の在庫を売ることが使命です。車買取専門店は、車を1台でも多く買い取ることが使命です、ですので「買取価格」で他店と競ってくれます。中古車購入の値引きなんて買取額の差額で吹き飛んでしまいます。買取価格を競ってもらって最高額をゲットする⇒コチラ

 

最後の一手は?

 

値引きや代行費用のほかには、サービスで保証を付けてもらう等も交渉すべきです。他には、気になるキズを直してもらう・納車時にガソリンを満タンにしてもらう、などでしょうか。

 

先にも書きましたが、買った後もお付き合いが続きますので、あまり上から強引に交渉するのは得策ではありません。

 

良い中古車と巡り合えますように♪

 

自動車保険、どこを選ぶかで5万円以上も差がつく!?