中古車購入に必要なもの・書類って?

中古車購入に必要なもの・書類って?

中古車購入 必要な書類

 

中古車の購入はテレビや冷蔵庫などの電化製品と違って販売店と「契約」を結んで購入します。行ったその日に「これちょうだい!」で乗って帰れるものではありません。

 

そのため、必要となるものや書類があります。ふつうは購入を決めたら販売店が詳しく事前に教えてくれますが、大まかな流れも含めてご説明します。
※販売店によって、違いもありますので、実際の購入時には販売店によく確認してくださいね。

 

購入を決めて販売店と契約に行く時

 

販売店に契約に行くときに必要なものは、手付金と印鑑(大抵は認め印でOK)、免許証があれば大丈夫だと思います。そこで、販売店が必要な書類などについて説明してくれます。

 

基本的に納車までに、下記書類の準備と振込を完了してくださいと言われると思います。書類は販売店が用意してくれる物と、自分で用意する物があります。販売店ごとに異なるので確認が必要です。

 

中古車の購入に必要なもの・書類

 

実印
家やマンションなどの不動産の購入や、自動車の購入には実印が必要になります。実印は自分で「このハンコが実印」と決めただけではダメで、住んでいる市区町村役場であらかじめ「実印登録」をしておく必要があります。

 

実印登録する印鑑は、ゴム印など変形しやすいものはNGですが、既存のものでも登録可能です。まだ、実印をもっていない、と言う方はせっかくなので作っておかれてはいかがでしょうか。ネットでも簡単に短期間で作れますよ。

 

印鑑証明書
上記の実印が、キチンと登録済みであることを証明する証書です。中古車の購入時には発行日から3ヵ月以内のものが必要となります

 

委任状
自動車の登録手続きは結構複雑なので、ふつうは販売店に代行してもらうケースがほとんどです。その代行をしてもらう際に必要なのが委任状です。書面は販売店が用意しています。

 

車庫証明書
自動車を保管するためのスペースを用意しています、と言う事を証明するための書類です。警察署(派出所ではありません)で手続きを行い発行してもらいます。
販売店で代行する場合が多いですが、自分で取得することも可能です。代行費用をカット出来ますが、平日の昼間に2回、警察署に行く必要があります。

 

車の下取りがある場合

 

自動車検査証(車検証)
車検証は車での携帯が義務つけられていますので、ダッシュボードに入っていると思います。もしも、紛失していたら運輸支局で再発行してもらう必要があります。

 

自賠責保険証
自賠責保険(強制保険)の加入証明書です。車検の際に支払っているはずです。車検証と一緒に入れておくのいが普通です。

 

自動車税納税証明書
毎年イヤでも送られてくる、5月末までに納める自動車税の支払い証明書です。滞納している車は手放せません。これも支払って受領印をもらったら、車検証と一緒にしておくのが普通です。

 

中古車購入の重要な3つのポイント
1.買い替えの場合は「下取り」ではなく「買取」で!
平均で17万円も高く売れた、というデータがあります。⇒かんたん車査定ガイド

 

2.中古車選びは安心出来る販売店で買う事!
最長10年保証、修復歴ナシ、返品OK という超安心できる販売店があります。⇒ズバット車販売

 

3.自動車保険は保険料を比べて加入する事!
自動車保険もどこを選ぶかで5万円以上の差がついてしまいます。1回の入力で簡単に最も安い自動車保険がわかります。⇒【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり